ピティナ・採用情報

スタッフ紹介

名前
IT・インフラセクション マネージャー

エンジニアのチームでマネジメントを担当しています。このチームは、事業担当者に創造的で本質的な業務に専念できる環境(状況・条件)をIT・ソフトウェアの面で提供することをミッションとしています。

その中で私はチームの見える化と生産性向上をテーマとして、チームづくりを主な役割としています。リソースの分析やコードレビューを通じてフィードバックをしたり、プロジェクトマネジメントを通じてメンバーの活動をサポートする役割です。

元々システム開発の会社にいたので、まだまだ自分で開発したい気持ちも強いのが本音です。ただ、エンジニアの文化や知見を持ち込んで、メンバーにポジティブに影響できた時にはやりがいを感じます。難しさを感じるのは、IT企業(開発チーム)向けに作られたカイゼンのプラクティスをどう取り込むか、という点です。1つのプロジェクトに中長期的にチームで所属することが暗黙的な前提となっていることが多いのですが、私たちの業務は多岐に渡り、単発であったり1人で担当することが多いため、プラクティスをそのまま取り込んでも効果が薄いのです。

一つずつ試してみてどんなギャップがあるのかを見てきて、ピティナで望ましいチームの形が見えてきました。

例えば、当初は週次ミーティングもエンジニアだけで行っていましたが、今は事業サイドのメンバーにも入ってもらっています。個性的なメンバーたちで、時にとりまとめが難しいのですが、事業サイドのメンバーに同席してもらうことで、ミッションを意識しやすい状況が作れました。

まだチームが幼く発展途上ですが、こうしたチームビルドを積み重ねチームとしてカイゼンループを回せるようになり早く次の段階に入ることが今の目標です。