ピティナ・採用情報

スタッフ紹介

名前
ステップ事業部 企画開発マネージャー/組織運営室

現場の先生に、「ピティナ・ピアノステップ」という事業(生涯学習推進の発表会形式ステージ)の運営を務めてもらう為の営業活動をしています。日本各地には素晴らしいホールや常設のピアノがあり、それを子供達が演奏する機会として提供する為に、地元の先生・会場ご担当者らが協力し合って事業を推し進めます。主役は本部事務局員でなく、アクチュアルな指導者なのです。

ピティナという協会を使って、地元のピアノ教育発展の為に動いて下さる先生方に、背中を押されています。そもそもピアノは1対1のお稽古事であるはずなのに、なぜここまで人と人が繋がりあって推進できるでしょうか。

私自身は、小学生時代に当協会のコンペティションを受け、悔し涙を味わった身でもあります。その時分には、私一人がステージに上がるのに、これだけ多くの方が協力し合って成立しているものと思いませんでした。

ピアノ留学し、帰国して、縁があって入社しましたが、バックボーンからして働きやすい環境と、自主性・主体性を尊ぶ社風にも感謝しています。

ピアノを学ぶことと、社風に共通点があるとすれば「自主性・主体性」でしょうか。本部事務局員は「サラリーマン」ではなくて「表現者」だと感じています(正確には団体職員です)。そもそも会員組織で、日頃接する方々の多くが指導者の先生(表現者)ですので、そう思うのも当然かもしれません。

更に少し掘り下げたお話をすると、では表現者とは何か。あるピアニストから得たヒントから、究極は「表現者=奉仕者」なのだろうと、信じて従事しています。ですので、私自身が「気持ちが動いている」というところについては、会員の方々が益々発展される時、そのお声を聞けた時、そういう瞬間になります。